三ノ宮みらいのブログ 紅茶が丘茶房

マンガ・イラスト作成および同人活動を通じて学んだことを書くブログです

同人即売会の頒布数どのくらいにするか悩みませんか?

こんばんは三ノ宮みらいです

オリンピックを来年に控えてる影響か、珍しくゴールデンウィークは参加出来る同人誌即売会が無い年となりました

東京ビッグサイトは東ホールが使えない状況)

ちなみに毎年GWには、COMITIAオンリーイベントが開催され、てんやわんやになります

 

…といっても来週・再来週とイベントがあるので、かなり慌ただしい状況です

即売会で冊子やグッズを頒布する訳ですが、毎回、頭を悩ますのが「頒布数」

どのくらいの数を用意すれば十分に足りるか慎重に検討します

即売会参加経験が無い方が困る山場のひとつではないでしょうか

 

今回はウチのサークルが、どういう基準で頒布数を決めているのかをつらつら書いていきます

 

大前提「在庫を抱えない」

 

物の置き場を確保するのは、とても大変であり限界があります

私の場合これが第一のモットーとしてます

 

ただなるべく色々な方々の手に渡ってほしい想いもあるので、その解決策として「統計」を毎回とってます

もの凄く地味ですが、在庫を残さない様にするためには、どのくらい手に取って貰えるのかを知らないと予想が出来ません

 

感覚としては、1回の即売会で用意した部数の90%を頒布するくらいがベストです

(イベント2回分で完売を目指す感じ)

100%にすると次回イベント時は、「部数を多くした方が良いのか」、「少なくした方が良いのか」の予測が出来なくなるからです

それと「ファン」の方が増えているのかの判断材料にもなります

 

f:id:kocha_gaoka:20190504225308j:plain

しかし、「初参加の場合はどうすれば良いの?」という意見が聞こえてきた気がします

経験としては、1次創作なら10~20部、2次創作なら20~30部くらいが無理のない範囲かなと思います

(現在はWEBがあるので、投稿して事前に反応を見てから頒布数を決めるのも有効な手段だと思います)

 

恥ずかしながら私の場合は、「とりあえず参加してみよう」と後先考えず勢いでやった記憶があります

(当時はWEBを活用してませんでした)

そのお陰?で経験はいっぱい積みました

 

 

簡単ですが今日はこんな感じで~

それではでは~