三ノ宮みらいのブログ 紅茶が丘茶房

マンガ・イラスト作成および同人活動を通じて学んだことを書くブログです

同人誌即売会で時々見かける協力者・ボランティアをやってみた

こんばんは三ノ宮みらいです

突然ですが、同人誌即売会のWEBサイトやカタログで見かける

「スタッフ募集」

「〇〇の協力者募集」

…等々の告知、皆様はどう感じているでしょうか?

 

「新刊の準備でそれどころじゃないよ!」という声が聞こえてきた気がします

はい。私も痛いほど気持ちは分かります

…が、あえてやってみると新しい発見があるかもしれません

 

私の場合、スタッフとして参加したことは無いですが、COMITIAという同人誌即売会にて「巡回サークル協力」に何度かお世話になりました

この作業の内容を簡単に書くと以下の通り

・朝礼に参加し巡回用の道具と説明を受ける

・決められた島を巡回し、参加サークルさんから「サークル参加証」「見本誌」を受け取る

・集めた見本誌は、決められた拠点の回収場所か見本誌コーナーに持っていく

・イベント開始20分前頃に終了

 

参加サークルさんからの新刊等を回収する作業のため、通常の入場より若干(30分くらい)早くなります

これをメリットと思うか、デメリットと思うかは人それぞれの印象となりますが、誰もいない広い会場の中を歩ける解放感が好きなので、私はメリットと感じてます

 

まったくの初心者でも、事前の講習で丁寧な説明が受けられます

巡回するときも2人1組のペアになって、一緒に教えられながら周るので安心です

逆に何回も経験して慣れてくると、教える側になることも多々あります

 

特典もあり、お礼としてカタログが貰えます

 

 

私が何度か巡回を経験して感じたのは、ジャンルによって温度差(巡回に慣れてるサークルさんの数)があること

初参加する方がもの凄く多かったサークル島があるかと思えば、ほぼ全員がイベント参加に慣れてるところがあるなど、違いが楽しめます

(収集するサークル参加証・見本登録は記入が必要なため、慣れてない方は記入の方法からサークルさんへ教える時間が必要)

何回は経験されている方は、色々なジャンルの巡回を巡ってみてはいかがでしょうか?

面白い発見が出来ます

 

 

最後にCOMITIA様のご依頼により、2018年2月~2018年11月まで執筆していた巡回マンガをアップします

イベントに長く参加すると、依頼がくることもあります

事前確認や〆切があって大変でしたが、今では非常にいい思い出になってます

 

[2018年2月分 COMITIA123]

f:id:kocha_gaoka:20190503192801j:plain

 

[2018年5月分 COMITIA124]

f:id:kocha_gaoka:20190503192826j:plain

 

[2018年8月分 COMITIA125]

f:id:kocha_gaoka:20190503192911j:plain

 

[2018年11月分 COMITIA126]

f:id:kocha_gaoka:20190503192925j:plain

 

今日はこんな感じで~

それではでは~