三ノ宮みらいのブログ 紅茶が丘茶房

マンガ・イラスト作成および同人活動を通じて学んだことを書くブログです

同人誌即売会へサークル参加すると良い事あるのか?

こんばんは三ノ宮みらいです

冬コミとフレンズチホー(同人誌即売会)が終わったので、今回は今まで即売会に参加して学んだ事、心掛けている事を書こうと思います

 

今まで参加してみて、これだけはやっといた方が良い事は…

「参加イベント毎に新刊を用意すること!」

f:id:kocha_gaoka:20190127015620j:plain

…何当たり前の事を言ってるんだ!と言われそうですが、作品を作るのには、もの凄く労力が必要です

なにより当日、既刊しかないときの一般参加者の反応・素通りは、心にグサッ!ときて虚しくなります

(私の場合、新刊を用意出来ないときは、イベントの申し込みは行なわないようにしてます)

これからサークル参加してみたい方は、この点を注意して頂ければなと思います

 

特に、今回みたいな冬コミ(12月29日)とフレンズチホー(1月20日)の様に、開催日が近いイベントは要注意です

それと、既刊だけしかないときより、新刊が置いてあれば一緒に手に取って貰える事が多い+サークルを覚えて貰えるチャンスが増えます!

地味かもしれませんが、コツコツ毎回新刊を出すことで、見てくれる方が少しづつ増えていくのかなと、今まで参加して感じた事です

 

頒布冊子のおまけ用ポストカードを作るお遊びも

f:id:kocha_gaoka:20190127015707j:plain

 

そのほか学んだ事を箇条書きにすると以下の通り

・郵便局の支払いに詳しくなる(参加費の支払い)

・作品制作のスケジュール管理

・サークルスペースのレイアウト(冊子・グッズの置き方、値札・ポスターの有無等)

・作品の製作費、宣伝、在庫管理等のマネジメント

・新しい友人が出来る

・売り子さんの強みが見える

 

【作品の製作費、宣伝、在庫管理等のマネジメント】

私の場合、特に「在庫管理」に一番注意してます

部屋に置き場がないので、毎回イベントでどの程度頒布しているか、チェック表を用いて統計をとってます

過去の統計・予算・前回参加したイベントの感触から、印刷数は決めてます

こういう事を考えるのが好きだと気づいたのも、即売会に参加したおかげです

自分の意外な一面が発見できるのも即売会の醍醐味だと思います

 

【売り子さんの強みが見える】

私のサークルでは、友人に売り子をお願いしてますが、サークル責任者の視点で見ると、この人は売り子が上手い、この人は周りに気配りが出来る、この人はレイアウトにこだわる…等、人それぞれに得意な事が見えてきて面白いです

今まで付き合ってきた友人の、知られざる一面がみてとれるのも、即売会の面白いところかなと感じます

 

つらつらと挙げてきましたが、ここに書いた例は、私自身が即売会を楽しむ上で取り組んでいる事になります

これからサークル参加しようと考えている方は、参考として見て頂き、自分の楽しみ方を見つけて頂ければと思います

 

今日はこんな感じで

それではでは~