三ノ宮みらいのブログ 紅茶が丘茶房

マンガ・イラスト作成および同人活動を通じて学んだことを書くブログです

サークル活動はネットも合わせて使うと「あらあらまあまあ!」と笑顔になる

こんばんは三ノ宮みらいです

いよいよ年末!

年末と言えば冬コミコミックマーケット)も近づいてきました

私のサークルも有難い事にスペースを頂いております

 

サークル活動を行なっていて、インターネットの発信力はスゴイなと思います

恥ずかしながら、私がサークル活動を始めた時は、パソコン、インターネットはおろか同人も良く分かってない状態でのスタートでした(ネットの普及はしてた)

(今思い返してみると、無謀な事をしたもんだ…)

そんな状態だったので、ネットでの活動など思いつくはずもなく、当時は同人誌だけを無我夢中で作ってた記憶があります

 

何年かして慣れてくると、ネットでの活動にも注目し始めますが、当時の私は…

「無料で描いた物をアップするのって、なんか損してる気分だな…」

…という考えがあり、頒布する作品を部分的にアップしたり、簡単なラクガキのみをあげてました

 

当然、即売会でも注目される事もなく、淡々と月日が流れていきました

(絵がへたっぴという理由もありますが)

 

何年か活動してて、画力あげたいなと思うようになり、ネット上にも注目するようになります

私がやってるのは、以下の2通りです

【深夜の真剣お絵描き60分一本勝負】

【鉛筆コマ割りマンガ】

 

まずは60分お絵描きの方から

これはお題に沿って60分で描きあげる物…が本来の姿らしいんですが、私は見事に無視して思いついたイメージを日々描いてます

f:id:kocha_gaoka:20181218143244j:plain

上記のイラストは、別に線画修正・着色をしていますが、元は60分で描いた物です
ネットにアップしてみて気付いた事が、「自分の認知度が(少しずつ)上がること」、「日々描いた絵がイベント時に活用できること」です

ネットにアップしたら、即売会で手に取ってもらえないのでは無いかと思ってましたが、欲しい方はちゃんと来て下さるのがありがたいです

 

次にマンガです

f:id:kocha_gaoka:20181218143249j:plain

60分お絵描きだけでは、マンガ力と画力があがらないなと思い、マンガもアップしてます

鉛筆マンガでアップしている理由は、量をこなす考えの基でやっているからです

ペン入れやトーン作業までやると、思った以上に時間が掛かるのと、モチベーションの維持するのも大変です

1ページに何コマも描くことになるので、60分お絵描きに比べ描きごたえがあります

欠点は、ネタが思いついてまとまらないと駄目な点です

こちらもある程度まとまれば、即売会で頒布が可能となります

 

ネット投稿に限らずですが、やり始めた当初は反応がありません

反応が無くても、何日も何日も継続したある日に突然効果が出てきます

反応が出始めると楽しいです

これからやってみようかな、という方の参考になれば幸いです

 

今日はこんな感じで!!

それではでは~